opus♪opus♪

opusopus.exblog.jp
ブログトップ

再発


完治と思っていた病気が再発しました。
前回の病気の経緯も踏まえての治療を行っているので
恐らく…恐らく…恐らく、命に別状はないと思われますが…




■ ■ ■ ■ ■




2月21日(火)
とても暖かな一日、のんびり公園をお散歩。
ママとのふたり散歩だったので、ちょっぴりつまらなそう?と思っていたのですが
今振り返ってみると、既に体調が悪かったのかもしれません。
お散歩からの帰り道、急に吐き気をもよおし朝食のカリカリを全て吐いてしまいました。
その後、もう一度胃液を嘔吐。

その晩…
前回の発病の時と同様に何度も何度も嘔吐を繰り返し
外に出たがり、外に出ては草を食べ吐いていた。



2月22日(水)
最近、ストレス?体調不良?と思われる時に吐く事が何度かあったし
たまた昨日の朝、通常とは違うカリカリを
通常のカリカリに混ぜてあげた事が原因かもしれないと絶食させ様子をみる。
24時間絶食させ、元気そうだったので食事を与えると再び嘔吐。
昨晩と同じ事を繰り返す。



2月23日(木)
昨晩まで見られなかった皮下出血が耳のつけねと腹部に発見。
あわてて病院へいく。

血液検査の結果、血小板の数値は平常値。
他の数値も全く問題なし。

血小板の数値に異常はみられないものの皮下出血がある事から
血小板は正常に機能していないと思われる。

前回は血小板の数値が下がりはじめてからのステロイド投与で
たまたま投与が間に合い大事に至らずにすんだが
前回、嘔吐が始まってから3日後に異常なまでに血小板の数値が下がり
今回の発病から今日がちょうど2日目である事
前回発病の際には見られなかった皮下出血が見られ症状は前回より重い事
もし血小板が突然減少した場合、即命にかかわる事をふまえ
血小板の数値が下がる前にステロイドを投与となる。

注射によりステロイド投与。

欲しがるような与えてもよいとの事だったので
ふやかしたカリカリを通常の75%の量で与える。
あっという間に完食。
嘔吐なし。


2月24日(金)
食欲旺盛。
ふやかしたカリカリの通常の量を完食。
嘔吐なし。

病院。
血液検査異常なし。
ステロイドを注射にて投与。

今までの経緯から今回の嘔吐は突発的なものではなく
前回おそらくそうであろうと診断された自己免疫介在性によるものであろうとの事。
ワクチン接種により免疫力が低下し発病の一因になった可能性があるとの事。

夕食は鶏のささみと野菜を茹ですりつぶしペースト状にしたものを与える。
完食。
嘔吐なし。





■ ■ ■ ■ ■




2度あった事は3度目も必ずあると考えられるでしょうとの事で
今後は病気としっかりと向き合い治療方法をきちんと考えていかなくてなりません。




a0206647_932367.jpg
お日様の光をたっぷり浴びながらのんびりお昼寝のオーパス。
オーパス、頑張ろうね、パパママがついてるよ!

[PR]
by opus_opus | 2012-02-25 09:36 | health

いつもopusがそばにいる♪


by opus_opus