opus♪opus♪

opusopus.exblog.jp
ブログトップ

元気印健康優良児のオーパスが…


もうすぐ6歳の誕生日を迎えるオーパス。
よく遊び、よく食べ、よく眠り…、本当に健康優良児で病気ひとつせず、すくすくと育ってくれました。

そのオーパスに突然異変が。
オーパスが元気になる事を信じ、記録として残していきたいと思います。





■ ■ ■ ■ ■





9月11日(日)
月に一度のお楽しみ(私達が(笑))のトリミングを終え帰宅。
いつもの様に一日を終え就寝…のはずが、ベッドに入るなり嘔吐、夕食に食べたものを全て吐いてしまう。
吐いても吐いても吐き気は治まらない様で、外に行きたがり、外に行っては草を食べ吐いていた。
それから朝まで何度も何度も嘔吐を繰り返す。
朝方には吐く胃液すらなくなっていた。



9月12日(月)
朝一で掛かり付けの病院に行き診察を受ける。
レントゲンでは異物らしきものは見当たらず原因不明。
血液検査でも数値的には何の問題もなくいたって健康体。
バリウムを飲んで検査してみる事に。

バリウムの流れの経過を数時間に渡って見るという事でオーパスを病院に預け一旦帰宅。

夕方再び病院へ。
本来7時間くらいで綺麗に流れるはずのバリウムが流れず
胃と腸にとどまっている状態で楽観視できないでしょうとの報告を受ける。
全く胃が動いていない状態という事。

バリウムを飲んで写してみたレントゲンでも異物の確認はできず。

何故胃が機能していないのか
異物によるものなのか、何らかの病因によるものなのか判断がつかないとの事。

取りあえずもう一晩様子を見てみましょうとの事で帰宅。

あの食いしん坊のオーパスが大好きなご飯にも目もくれず。
水だけは飲んでくれるので脱水症状の心配なない様だけれども
大好きなチーズも食べようとしないオーパスを見るのはかなりつらい。

前日から一睡もしていない為かよく眠る。
吐き気も治まっている様子。



9月13日(火)
朝一で病院へ。
再びレントゲン検査。
いまだにバリウムは胃と腸に留まったまま。
胃が働いていない原因が全くわからず。
内視鏡での検査を提案される。

内視鏡での検査を受けるには全身麻酔をしなくてはいけない。
一瞬躊躇したものの、原因がわからなければ治療を進めていく事もできない。

掛かり付けの病院には内視鏡の検査をする施設がないという事で
施設のある病院を紹介してもらい検査を受けに行く事になった。

紹介された病院で内視鏡検査を受ける為オーパスを預け一旦帰宅。
検査が無事終わった旨連絡を受け病院へ。

内視鏡での検査結果としては…
異物はなかったものの、かなりひどくただれており潰瘍も見られるとの事。
(今回の症状とは無関係と思われる小さい小さい小石が3個、オーパスいつ食べたの?(苦笑))
決して簡単に考えられるレベルの状態ではないと。
念のため潰瘍の病理検査も受ける事に。
(病理検査の結果は2~3日後)

その結果を持って再度かかりつけの病院へ行き今後の治療についての説明を受ける。

この酷いただれと潰瘍は2~3日でできた様なものではなく
何日にも渡ってできたものでしょうとの事なのだけれど原因に心当たりが全くない。
膵炎も考えられるけれど、上がるはずの数値がいたって正常なので考えにくいらしい。

極度のストレスか?
酷い潰瘍ができてしまうほどのものを口にしたか?



本来ならば入院が望ましいのだけれど
オーパスの様子を見る限りでは
入院によるストレスが更に症状を悪化させてしまう可能性があるという事で
取りあえず投薬による自宅療養で一日様子をみてみる事に。

オーパス丸2日、何も食べていません。




■ ■ ■ ■ ■




病院に行くと先生や看護婦さんに遊ぼう遊ぼうといつもせがんでいたオーパスなのに
診察台の上で力弱くうつ伏せっているまま。

「5年分の病気が一度にきてしまったね…」と先生。

レントゲンの画像を見ながら、内視鏡のビデオの様子を見ながら
何度も何度も涙がこみあげてきました。

「取りあえず今すぐに命がどうという事はないでしょう…」の言葉を信じて。



お願い!
早くいつものやんちゃなオーパスに戻って!
オーパス元気になりました~って報告できる様に頑張ろうね!

[PR]
by opus_opus | 2011-09-13 21:30 | health

いつもopusがそばにいる♪


by opus_opus